不思議なDynaBook Satellite

H14.7.26にOAリサイクルにて¥1000で購入したDynaBook Satellite(HD欠)ですが…
一見したところ、315CDTなのですが…
裏返すと305CDT。
おそらく前の持ち主の方が、液晶交換した物と思われます。
305と315の液晶は同じ物なので、この交換が可能だったのでしょう。
と言うわけで、DynaBook Satellite 305CDT(MMX Pentium 166MHz メインRAM 32MB)に決定。

ちなみに12.1型FLサイドライト付きTFT方式カラー(SVGA)液晶です。
さて、問題の液晶ですが…。
残念、縦線が。
しかし、実用上は問題ないでしょう。
キーボードは、文字消えはありませんが、かなり汚れています。
HDは、PC−NETで¥640の1.2Gを使用します。
○印のネジを外して、蓋を開けると、
こんな感じ。
この金具にHDを取り付け、
元に戻します。
メモリも増設しましょう。
矢印の部分から、何とか板をパキパキッと外して、
キーボードをひっくり返すと、メモリスロットが現れます。
今回はCDDが付いているので、Win95のインストールも楽ですね。
HDは、あらかじめPC−NET方式で起動用にフォーマットされ、CDドライバも入っているので、これまた楽。
インストール開始。
インストール出来ると言うことは、CDDも問題なく動作しています。
以下、略。
インストールが終了しましたが、Win95の場合そのままではVGA表示しかできませんので、
東芝(USA)サイトからドライバをダウンロードします。
サウンドドライバも、ついでに入手しましょう。
その他、必要に応じて、各種ドライバをインストールして完成。
写真では、縦線が目立っていますが、肉眼ではさほど気になりません。
バッテリーは、なんと2時間50分保ちました。
カタログ値が3時間ですので、ほとんど新品同様です

目次へ

戻る