¥1800!DynaBook Satellite 2520は、お買い得か?

今回は、PC-NETで¥1800にて購入した、DynaBook Satellite 2520。
この型は、数種類のタイプがあり、今回購入したものは、PAS252JHです。

基本スペックは、CPU:AMD-K6-2プロセッサ(300MHz)、メモリ:32MB(標準)/160MB(最大)、12.1型FLサイドライト付きTFTカラー液晶800×600ドット:1,677万色
なかなか遊べそうです。
外観も、なかなかの美品。
キーボードの文字消えもありません。
これで、無事動作すれば、なかなかのお買い得。
ところが、よく見ると、キーの隙間に怪しい影が。
キートップを外してみると、埃の塊が。
キートップの裏は、こんな事に!
キーボードを外してみると‥
ここにも。
指でこすると、指先が白くなりました。
一体どんな環境に、置かれていたのでしょう。
一度分解して、掃除する必要がありそうです。
でも、赤外線ポートには、きちんと保護フィルムが貼られていたりします。
外は、本当に美品なのに。
まあ、気を取り直して、HDを取り付けましょう。
はずすネジは、この1本。
横の蓋が外れます。
今回は、ウチに転がっていた10GBを取り付けました。
メモリも、64MB増設しました。
WinMeをインストールして、無事起動。
操作にも問題ありません。
時々、HDがカッコン、カッコンと音を立てる以外は‥。
残念ながら、バッテリーが完全死状態で、全く充電しません。
外で使う事はないと思いますが、稼動中に突然の停電と言うことがあるかもしれませんので、やはりバッテリーがあるに越したことは、ありません。そのうちQCPASSで大量に出ることでしょうから、しばらく待ちましょう。
と思ったら、やはり出ました。
Dynaさんの以前のレポートを参考に、状態の良さそうな物を¥500で購入してきました。
もともと、付いていた物が4000mAh、購入したものは3600mAh。
一応の備えのためなので、まあ良いでしょう。
取り付けると、充電開始しました。
その後、電源を入れて起動。
起動したと思ったら、
え?もう充電完了!?
バッテリーは、100%。
いくらなんでもそれはないだろう、と思いつつも、恐る恐るACアダプタを外したところ‥。
終了。
そりゃそうでしょうね。

目次へ

戻る