今回は¥200ですが…。

日立FROLAノート PC-1010です。
PC-NETで¥200にて大量に販売されていました
ので、1台購入してみました。
スペックは、CPU:Pentium75MHz メモリ:標準
8MB(EDO)/最大40MB ディスプレイ:10.5型DS
TNカラー 640×480ドット 4096色中256色
PC-NETで¥200なら、もう少し使い道のありそ
うなものが購入できるのですが。
実際¥50、¥100で何度も購入していますから。
日立の製品は、旧型のものでもLANが内蔵され
ているものが多いようですね。
とりあえず、1度は起動させましょう。
HDは簡単に取り付けることができます。
こんな感じですから。
このケースに、
準備済の840MBを取り付けました。
ACは、以前PC-NETで¥315で購入した18Vの物
をコネクタ加工して使用します。
Win95の起動ディスクから起動しようとしたと
ころ、エラーが出ました。
どうやらFDDが壊れているようです。
FDDは、完全に内蔵されていますので、交換す
るには筐体をあける必要があります。
裏側の5本のネジを外すと、
キーボードが開きます。
FDDは、この2本のネジで固定されています。
手持ちのFDDとは、サイズが合いません。
右端のものが、内蔵されていたもので、手持
ちの2台よりも少し小さいのです。
そういえば、ともう1台引っ張り出してきまし
た。
以前PC-NETのジャンク市で購入した、と言う
か、混ざっていたSOTECのFDDです。
早速分解してみると、
なんと、必要なものとまったく同じものが入
っていました。
これは、ラッキー。
新しいFDDを取り付け後、無事起動。
Win95がインストールできました。
しかし、16色表示にしかなりません。
LANも認識しているのですが、
エラーが出て、どうしてもつながりません。
使う予定もないので、構わないのですが。

目次へ

戻る