NEC PC-VP-BP01のセル交換

以前より懸案事項の一つであった、AileNXのバッテリーセル交換を行います。
この機種は、同型バッテリーを2本搭載するのですが、今回はそのうちの1本に着手します。
まずカラ割りですが、端子部分のみ接着されていませんので、ここに細めのマイナスドライバを突っ込みます。
すぐ内側に基盤がありますので、キズを付けないように注意が必要です。
上記の状態から、てこの原理で隙間を広げ、太めのマイナスドライバを入れます。
その後、ドライバをねじるような感じで、少しずつ開いていきます。
中のセルは、両面テープでがっちり固定されていますので、引きはがすような感じで開きます。
細心の注意と、大胆な作業が必要です。
蓋がはがれるとこんな感じでセルが並んでいます。(3.6V 18650*4)
実際には、電極記号は書かれていませんので注意。
基盤部分です。
底面です。
ケースからセルを抜き出すときも、両面テープで張り付いていますので、マイナスドライバではがしましょう。(セルにキズを付けないように)
簡単な配線図を作っておいた方が良いでしょう。自分が分かればOKです。
ヒューズもがっちり固定されていますので、周囲の接着剤を少しずつ削ってはがします。
その後、全てのハンダ部分をハンダごてを使って外します。
セルに熱を伝えないよう、手早く作業します。
交換に使用するセルは、おなじみのコレ。
3.7Vですが気にせず行きましょう。
というわけで、こんな感じに収まりました。
作業に夢中で、途中の行程を写真取りするのを忘れていました。
蓋を閉じて、本体に挿入。
充電開始。
とりあえず1本交換しただけですが(旧バッテリー+セル交換品)2時間45分保ちました。
外出先でそれほどヘビーな使い方はしませんので、このままでも十分ですが、いずれもう1本のバッテリーもセル交換しましょう。


目次へ

戻る