MV-5100NC/Sのクロックアップ

今回は、FMV-5100NC/Sのクロックアップを行います。この方法は、クマノフさんに教えていただきました。
また、以後に記す過程及び写真のほとんどは、クマノフさんより頂いたメールをほぼそのまま掲載し、若干の、追記を僕がする形となります。

ク:がクマノフさんより頂いた部分で、も:が僕の追記です。
も:まず、クロックアップ前ですが、もちろんPentium100MHzです。
ク:まず裏側のネジ4本をはずします。
ク:キーボードをはずすのでフィルムケーブルをはずします。 (4本もあるので気をつけて。)
も:キーボード、バッテリー、HDを取り外した状態です。
ク:キーボードのつけ根が止まってるパネルを持ち上げるとキーボードが外れます。
前記のパネルをはずします。
後ろ側に見えているツメのほかに下にツメが2ヶ所あります
ク:CPUユニットの取り外しにかかります。
慣れれば液晶を外さなくても取り外しできるのですがやりにくいので液晶を外します。
そのためには、後ろのシールに隠れているネジ4本を外します。

ク:CPUユニットを押さえてる板のネジを外します。
ク:CPUユニットを外します。(外して裏返してあります)
ク:ここからが正念場です。
ク:3つランドがあって一番上は既にチップ抵抗がついています。
ク:2番目をショートします。
一番下はそのままです。
ここで倍率が変えられて今の66*1.5=100が66*2=133になります。
設定的には*2.5で166も可能ですが発熱がものすごいことになって、とても使える状態ではありません。
どこをショートかは忘れました。
も:今までもこのパターンのクロックアップは、何度か行ったのですが、今回は、本当に細かくてかなりプルプルしました。
でも、その甲斐あって、無事133MHz で起動しました。

目次へ
戻る