¥100ノートの利用価値は?

                                                                 H16.6.29

6月27日 PC−NETにて、FMV−475NUを¥100にて購入しました。
スペックは
CPU:Intel 486DX4 75MHz 
RAM:標準 8MB 
液晶:DSTN 10.4inch 640×480 256色
と、タダでもらってもジャマになるだけのような物ですが、あえて¥100払って購入したのには、訳があります。
 
実は、増設メモリに目を引かれたのです。
なんと16MBの増設メモリが。
¥100ならメモリ代と考えても十分です。
ちなみに、もう1台ありましたが、そちらは4MBでした。
メモリだけ取って、後はそのまま放置しておこうと思っていたのですが、1度くらいは起動させてみましょう。
万が一メモリが死んでいると言うことがあっても困りますので。
とりあえず、電源を入れてBIOSを立ち上げます。
メモリは、大丈夫ですね。
せっかくですので、Windowsも試しましょう。
面倒なので、すでにWin95がインストール済みのHDをマウンタに取り付けて、
取り付けます。
スイッチオン。
あれ、オペレーションシステムがない?
どうして?
どうせ使わないのでここで、終了にしても構わないのですが、何となく気に入りません
Fdiskしようとしたら、ハードディスクの読み取り中のエラーです。
何?
¥100のくせにバカにしやがって。
こうなったら意地でも動かしてやる。
と、変な意地が出てしまったのが失敗のはじまりです。

一度、元の本体(¥50ノート)戻して、Fdiskそしてフォーマット。
あーあ、何をやってるのでしょうか。
再度挑戦も同じ結果に。
どうして?
落ち着け、落ち着け。
前にも同じような経験が…。
BIOSだ!
BIOS上で認識されていなかったのです。
と言うわけで、設定をきちんとしたら…。
Fdiskできました。
初めからBIOSをちゃんと確認しておけば…。
でも、すでにフォーマット済み。
Windowsの再インストール。
全く無意味。
はい、完了しました。
DSTN特有のムラと640×480 256色の解像度。
やはり実用性はありませんね。
再びHDを取り外して、おやすみなさい。
なんだか、むなしい。


目次へ

戻る